• ホーム
  • 「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に関するパブリックコメントの募集

「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に関するパブリックコメントの募集

 このたび、日本老年医学会では、厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業)「高齢者の薬物治療の安全性に関する研究 (H25-長寿-一般-001)研究班および国立長寿医療研究センターと共同で、「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」(案)を作成いたしました。
 本ガイドラインは、高齢者で薬物有害事象の頻度が高く、しかも重症例が多いことを背景として、高齢者薬物療法の安全性を高める目的で2005年に初めて作成されました。今回はその10年振りの全面改訂で、系統的レビューによるエビデンスと推奨度をもとに専門家のコンセンサスを指針としてまとめたものです。前回「高齢者に対して特に慎重な投与を要する薬物のリスト」としたものは、中止を考慮するべき薬物もしくは使用法のリストである「ストップ」に改称・改訂し、新たに、強く推奨される薬物もしくは使用法のリストである「スタート」を追加しました。
 つきましては、医療従事者のみならず広く一般から意見を募集いたしますので、ガイドライン(案)を御覧いただき、御意見がある場合には、下記により提出ください。

1.意見公募期間:
平成27年4月1日(水)~平成27年4月24日(金)【必着】
2.意見公募方法:
原則としてEメールによる送付
宛先メールアドレス:gercare-project@umin.org
3.意見送付時の注意:
御意見は日本語に限ります。個人の場合は氏名・住所・所属等の連絡先を、団体の場合は団体名・所在地を、それぞれ記載してください(御意見の内容に不明な点があった場合等の連絡・確認のために使用する場合があります)。また、送付いただいた御意見については、氏名・団体名、住所及び連絡先を除き、公表させていただく可能性がありますので、あらかじめ御了承ください。なお、御意見に対して個別の回答はいたしかねますこともご了承ください。
以上

研究代表者:
秋下雅弘
東京大学大学院医学系研究科加齢医学
東京大学医学部附属病院老年病科
〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
FAX; 03-5800-8831, 03-5800-6530