認知症患者の治療と生活機能維持

中村 祐
香川大学医学部精神神経医学講座 教授

 認知症患者は、高齢化に伴い急増しているが、根本的な治療薬はないのが、現状である。認知症患者における最大の問題は、生活機能の低下に伴う患者本人のQOL低下と介護負担である。環境調整、ケアの工夫、リハビリテーションは言うまでもなく重要であるが、薬物による適切な治療は欠かせない。ドネペジルが1999年発売され、それまでには明確な薬物的治療法が無かった認知症において薬物治療が行えるようになった。その後は、開発に難渋する時期があったが、2011年には新しく3剤(ガランタミン、リバスチグミン貼付剤、メマンチン)が発売され、これらの薬剤を組み合わせることなどにより、広く認知症の治療が行えるようになった。ガランタミンとリバスチグミンは、ドネペジルと同じコリンエステラーゼ阻害薬の範疇に入るが、これら3剤は大きく異なる薬剤である。ガランタミンはニコチン性アセチルコリン受容体を刺激する作用があり、リバスチグミンはブチリルコリンエステラーゼ阻害作用を合わせ持ち、これらコリンエステラーゼ阻害薬3剤の使い分けが現在の課題である。また、メマンチンは、NMDA受容体阻害作用を持ち、グルタミン酸から神経細胞を保護する効果がある。さらに、メマンチンは、作用機序が異なることから、コリンエステラーゼ阻害薬3剤のいずれかと併用が可能である。
 認知症におけるもうひとつの大きな問題点は、BPSD(Behavioral Psychological Symptoms of Dementia、いわゆる周辺症状)であり、生活機能維持の上で、薬物治療の必要性が高い。しかし、適応をもつ薬剤はなく、抑肝散(不眠、神経症に適応)や非定型抗精神病薬(適応外)が用いられている現状がある。非定型抗精神病薬に関しては学会主導で死亡率調査(J-CATIA研究)が現在集計中であり、これらの調査結果を受けて将来の適正使用や適応取得が検討されるものと期待される。

<< 前のセミナーへ セミナーTOPへ 次のセミナーへ >>