ロコモティブシンドロームにおけるサルコペニアの位置付け

原田 敦
国立長寿医療研究センター 病院長

 ロコモティブシンドローム(運動器症候群、以下、ロコモと略)は、2007年に日本整形外科学会が提案した概念で、運動器の障害によって移動機能の低下をきたした状態と定義されている。移動機能とは歩行、立ち座りなどを意味し、進行すると介護が必要になるリスクが高くなるとされる。従って、ロコモは、運動器を構成する骨、軟骨、筋肉等の各組織が、加齢とともに量的、質的に減少するうちに、軟骨であれば変形性関節症等、骨であれば骨粗鬆症という基礎疾患が潜在するようなり、それらが何らかのきっかけで膝痛や腰痛、骨折などの症状を出して表面化(発症)して進行するという経過を辿る。これらは早期に発見して予防を講じることで、または、ある程度進行しても治療で回復する可能性があるので、可逆性の段階でスクリーニングや判定を行って、改善対策を実施する意義は大きい。
 今回テーマになっているサルコペニアは、ロコモの基礎疾患のうち、筋肉の減少によるもので、歩行障害や転倒の原因となる。ゆっくり進行する歩行能力の低下は自覚しにくいことが多いが、転倒が起こると骨折などの重度外傷が合併すれば、移動機能の著しい低下を来す。
 フレイル、サルコペニア、ロコモティブシンドロームの関係を整理すると、フレイルは、身体的、精神神経的、社会的な側面を包含する広範な概念とされる。健脚な時期から次第に足腰が弱くなり、寝たきり・関節障害で介護を受けるという運動機能面での脆弱化において、身体的フレイルがそこに深く関与すると考えられる。ロコモは、この身体的フレイルにおいて、運動器の障害による移動機能の低下を来す病態として重要な位置を占め、サルコペニアは、その基礎疾患と位置づけられる。エビデンスの豊富な診断と治療を提供できる骨粗鬆症や変形性関節症等と異なり、サルコペニアはその点でまだ不十分であり、今後の大きな進歩が期待される。

<< 前のセミナーへ セミナーTOPへ