老年病専門医

 2018年4月より新・専門医制度が全国的に導入される予定ですが、それに合わせて老年病の専門医制度も変わることになりました。新しい老年病専門医制度が適用されるのは、原則として、2016年(3月)以降に医師国家試験に合格した医師です。すなわち来年度は、2018年3月に卒後臨床研修(初期研修)を修了し、2018年4月から基本領域(内科)の専門研修を開始する予定の専攻医(現在の2年目研修医)が対象になります。それ以前(2015年より前)に医師になった方は、原則として現行の専門医制度が適用されます。現行制度は今後しばらくの間維持し、2つの制度が並行して行われることになりますが、いずれは取り止めとなりますので早めに研修を開始してください。

新しい老年病専門医制度について

 2018年4月より開始予定です。2018年3月以降に卒後臨床研修を終えられる医師が対象となり、基本領域である内科専門研修と連動して研修を行います。

現行の専門医制度について

 2017年3月以前に卒後臨床研修を終えられた医師が老年病専門医取得を目指される場合、現行の専門医制度が適用されます。

専門医制度各種一覧

専門医の皆様へ

専門医を目指す皆様へ

過去の掲載