過去開催情報 2014年度

第18回 高齢者介護・看護・医療フォーラム ~地域で認知症をささえるために~

日時:2014年11月 1日(土)13:30~16:30
会場:札幌医科大学 記念ホール(札幌市中央区南1条西18丁目)
主催:日本老年医学会
参加費:無料

<プログラム>

13:30~13:35
開会挨拶 島本 和明(札幌医科大学 学長・理事長)
13:35~14:15
基調講演 『我が国の認知症政策 ~特にオレンジプランを中心に~』
座長:島本 和明(札幌医科大学 学長・理事長)
演者:大内 尉義(国家公務員共済組合連合会虎の門病院 院長)
シンポジウム
『北海道における認知症をささえる介護・看護・医療連携』
座長:下濱 俊(札幌医科大学医学部神経内科学講座 教授)
14:15~14:35
1)『北海道における認知症対策について』
演者:鈴木 隆浩(北海道保健福祉部福祉局高齢者保健福祉課 課長)
14:35~14:55
2)『認知症医療連携における医師の役割 ~早期発見・早期治療を目指して~』
演者:宮澤 仁朗(特定医療法人さっぽろ悠心の郷 ときわ病院 院長)
14:55~15:15
3)『認知症高齢者への看護 ~看護師の役割~』
演者:森 真紀(医療法人愛全会 愛全病院 認知症看護認定看護師)
15:15~15:35
4)『認知症高齢者の支援と福祉の課題 ~地域医療連携とPSWの役割 』
演者:宮本 登世(医療法人社団大蔵会 札幌佐藤病院 精神保健福祉士)
15:35~15:55
5)『ホームヘルパーから視る認知症高齢者の実情』
演者:岩田 志乃(七飯町社会福祉協議会 訪問介護課)
15:55~16:25
全体討論
16:25~16:30
閉会挨拶 下濱 俊(札幌医科大学医学部神経内科学講座 教授)
事務局:日本老年医学会 北海道地方会

 TEL:011-611-2111
 FAX:011-622-7668

シンポジウム「高齢者が安心して暮らせる健康コミュニティを目指して」

日時:
平成26年7月5日(土) 13時~16時
場所:
桜美林大学大学院 四谷キャンパスB1 (東京都新宿区四ツ谷1-21)
主催:
日本学術会議 健康・生活科学委員会 高齢者の健康分科会
共催:
日本老年学会
定員:
90名(先着順)
申込締切:
平成26年6月30日(木)
申込方法:
FAXにてお申込みください。
申込書および開催案内の詳細は、下記よりダウンロードしてください。
→申込書および開催案内 【PDF 316KB】 【Word 123KB】

日本アミノ酸学会 第4回産官学連携シンポジウム ~豊かな生活を支えるアミノ酸の科学~

日時:
2014年6月16日(月)13:00~18:45
場所:
東京大学農学部 弥生講堂 一条ホール/セイホクギャラリー
(〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1)
主催:
日本アミノ酸学会
協賛:
日本老年医学会
プログラム

はじめに
 日本アミノ酸学会 会長挨拶         下村 吉治
 産官学連携シンポジウム実行委員長挨拶    坂井 良成

《13:10~14:40 第1部 高齢者の健康を支えるタンパク質・アミノ酸栄養》
 座長:味の素株式会社 坂井 良成

「健康寿命延伸に向けての戦略:高齢者フレイル(虚弱)予防とタンパク質」
 葛谷 雅文(名古屋大学)

「生体リン代謝調節とリン摂取過剰の問題」
 武田 英二(徳島大学)

「高齢者の低栄養とそのアウトカムを結ぶもの:マクロ栄養素かミクロ栄養素か?それとも炎症か?」
 新開 省二(東京都健康長寿医療センター)

《14:50~16:20 第2部 脳とアミノ酸》
 座長:九州大学 古屋 茂樹

「トリプトファン代謝異常とアルツハイマー病」
 滝川 修(国立長寿医療研究センター)

「D-セリンと統合失調症」
 西川 徹(東京医科歯科大学)

「グリシンと睡眠」
 坂内 慎(味の素株式会社)

《16:30~17:30 第3部 ポスターセッション》
《17:30~18:45 第4部 ミキサー》

■問合せ先
 シンポジウム実行委員 恒吉 洋佑
 味の素株式会社 イノベーション研究所
 〒210-8681 川崎市川崎区鈴木町1-1
 TEL:044-244-3921  FAX:044-210-5893
 E-mail:yosuke_tsuneyoshi@ajinomoto.com