第57回日本老年医学会学術集会 一般演題応募要項

会期:
2015年6月12日(金)~14日(日)
会場:
パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい1-1-1)
会長:
下門 顯太郎(東京医科歯科大学医学部附属病院 老年病内科 教授)

1. 演題登録受付期間

 2014年10月15日(水)~12月15日(月)
 1月12日(月)または250題の応募に達した時点で締め切ります。
 受付は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

2. 演題応募方法

 オンライン登録にて受付いたします

3. 演題応募資格

 演者、共同演者は合計10名以内です。演者、共同演者ともに会員であり、かつ2014年(平成26年)度の会費を完納していることが条件となります。また、発表の時点(2015年6月)で会員であることも必要です。
 筆頭演者が未入会の場合は、演題発表ができません。未入会の方は必ず入会してください。

 演題発表のための入会申込書は、下記の日本老年医学会事務局まで請求していただくか、演題登録画面からダウンロードできます。

一般社団法人 日本老年医学会事務局
E-mail:jgs@blue.ocn.ne.jp
TEL:03-3814-8104 / FAX:03-3814-8604
〒113-0034 東京都文京区湯島4-2-1 杏林ビル702

4. 利益相反(COI)の登録について

 日本老年医学会は、第53回学術集会から演者の利益相反(COI)状態の自己申告が必要になりました。演題登録画面にある説明に従い、登録をお願いいたします。原則として演題登録の前にCOIの登録が必要です。

5.演題の採否基準

  1. 1)採否は学術プログラム委員会が最終決定します。
  2. 2)学術プログラム委員会による評価基準では、次のものが不採用の対象となります。
    • 研究の目的が明らかでないもの
    • 「方法」「結果」に具体的な数値(症例数、有意差など)の記載がないもの
    • 老年医学とは関連がないもの
    • 医学常識上、問題があるもの
    • 症例報告(地方会で発表してください)
    • 他の国内学会に既に発表したもの

6. 発表方法

 口述発表およびポスター発表です。発表方法は、プログラムおよび会場の都合により、会長に一任させていただきます。

7. 優秀演題賞

  1. 1)カテゴリーの指定はありません。口述セッションでの発表演題になります。
  2. 2)日本老年医学会優秀演題賞受賞希望の有無について選択してください。
  3. 3)一次審査:日本老年医学会学術プログラム委員会が、抄録により審査します。

    二次審査:学術集会会長他で構成される日本老年医学会優秀演題賞選考委員会が、学術集会当日、発表により選考、若干数を決定し表彰します。

  4. 4)受賞した場合の義務:優秀演題に採択された発表内容は、日本老年医学会雑誌もしくは英文誌Geriatrics and Gerontology Internationalに、原著あるいは総説形式で投稿する義務があります。

8. 日本老年学会合同ポスターセッション

 日本老年学会は、日本老年医学会のほか日本老年社会科学会、日本基礎老化学会、日本老年歯科医学会、日本老年精神医学会、日本ケアマネジメント学会、日本老年看護学会の7学会で構成されており、隔年ごとに開催される日本老年学会において、合同でポスターセッションを行っています。
 7学会の学際的研究の進展と深化を目的として、一般応募演題の中から各学会より推薦し、合同でポスター発表を行います。

  1. 1)筆頭演者は日本老年医学会の会員に限ります。ただし、7学会会員の共同研究を奨励する意味で、共同演者は7学会のいずれかの会員であることが必要です。
  2. 2)演題登録の際に必ず合同ポスターセッションでの発表希望の有無を選択してください。
    なお希望した場合は、さらに日本老年学会優秀ポスター賞受賞希望の有無を選択してください。また、日本老年医学会優秀演題賞と日本老年学会優秀ポスター賞ともに受賞を希望することが可能です。
  3. 3)選考方法:日本老年医学会学術プログラム委員会が、学際的研究・他分野の研究者にも有用と考えられる研究という視点により審査し、3演題を7学会合同委員会へ推薦します。当日発表された演題の中から日本老年学会7学会合同委員会が選考し、若干数を決定し表彰します。
    なお、今回の共通募集テーマはありません。

9. 演題登録方法

 演題登録途中で一定時間経過した場合、セキュリティ保護の観点からタイムアウトになり自動的に接続が解除され、途中まで登録された内容が消えてしまう可能性があります。ご注意ください。

  1. 1)会員番号
    WEB演題受付画面の中で検索してください。
  2. 2)カテゴリー

    演題カテゴリー表

  3. 3)文字数
     全体(演題名+所属・施設名+演者氏名+共同演者氏名+抄録本文)で、930文字以内(31文字×30行)です。
     【目的】【方法】【結果】【結論】に項目が分かれていますので、それぞれの欄に入力してください。
  4. 4)図表
     使用できません。
  5. 5)受付番号とパスワード
     登録作業が正常に完了すると、図1に示した画面に切り替わり、受付番号と登録されたパスワードが表示されます。これは登録演題の変更や確認等に必要となりますので、必ずご確認の上、控えてください。
     この画面が表示されずに登録作業を終了した場合、演題登録は正常に完了していません。再度の登録が必要になります。


    図1. 演題登録が正常に完了した場合の画面

  6. 6)登録受付メール
     演題登録が完了すると、登録されたメールアドレス宛に登録受付メールが送信されます。届かない場合は、登録されたメールアドレスが誤っている可能性があります。受付番号と登録したパスワードで「変更画面」にアクセスし、メールアドレスを修正してください。
     なお、登録受付メールに、抄録集掲載イメージ(PDFファイル)を添付しますので、登録内容を確認してください。
  7. 7)演題の変更修正
     登録内容の変更修正は、演題登録締切日まで可能です。

10. 演題採否

 2015年4月にメールにて通知する予定です。

11. オンライン演題登録

※SSLを使用しています。情報が暗号化され、安全に通信することが可能です。

お問合せ
一般社団法人 日本老年医学会事務局
〒113-0034 東京都文京区湯島4-2-1 杏林ビル702
TEL:03-3814-8104 / FAX:03-3814-8604
E-mail:endai-p01@endai.jp