過去開催情報 2009年度

《2009年度日本老年学会総会・日本老年医学会学術集会開催のご案内》

会員各位

 時下、会員の皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。2009年度第51回日本老年医学会は第51回日本老年社会科学会大会、第32回日本基礎老化学会大会、第20回日本老年歯科医学会大会、第24回老年精神医学会大会、第8回日本ケアマネジメント学会研究大会と合同して、第26回日本老年学会総会として下記のとおり開催を予定いたしております。多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

第26回日本老年学会総会 小澤 利男
第51回日本老年医学会学術集会会長 土居 義典
第51回日本老年社会科学会大会会長 長嶋 紀一
第32回日本基礎老化学会大会会長 石井 直明
第20回日本老年歯科医学会大会会長 山根 源之
第24回日本老年精神医学会会長 鹿島 晴雄
第8回日本ケアマネジメント学会研究大会 橋本 泰子

会期:
2009年6月18日(木曜日)、19日(金曜日)、20日(土曜日)
会場:
パシフィコ横浜・ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル(横浜市西区みなとみらい)

第26回日本老年学会総会

会         長:
小澤 利男(高知大学名誉教授・東京都健康医療センター名誉院長)
学会テーマ:
老年学が未来を拓く:よりよい高齢社会の構築に向けて
プログラム
 

会長講演(シンポジウムII基調講演)(50周年記念)(6月18日午後)

人間の学としての老年学:老年学の過去、現在そして未来

司会:折茂  肇(健康科学大学)

小澤 利男(高知大学名誉教授・東京都健康長寿医療センター名誉院長)

招請特別講演(50周年記念)(6月18日午前)

宇宙人としての生老病死

司会:小澤 利男(高知大学名誉教授・東京都健康長寿医療センター名誉院長)

松井 孝典(千葉工業大学惑星探査研究センター)

シンポジウム I(老年学会合同)(6月18日午前)

老衰の成因と対策

司会:柴田  博(桜美林大学老年学)

鳥羽 研二(杏林大学高齢医学)

  1. 基礎老化学から老衰のしくみと対策を考える
    後藤佐多良(順天堂大学スポーツ健康医科学研究所)
  2. 加齢医学から見た老衰
    橋爪 潔志(信州大学加齢病態制御学)
  3. 口腔の老衰とその対策
    羽村  章(日本歯科大学総合診療科)
  4. 頭がかたくなるとは
    鹿島 晴雄(慶應義塾大学精神神経科)
  5. 老衰とその予防―介護ケアシステムから見た自立支援と介護予防
    井形 昭弘(名古屋学芸大学)
  6. 社会学からみた老衰の成因と対策
    古谷野 亘(聖学院大学人間福祉学部)

シンポジウム II(50周年記念)(6月18日午後)

老いるということ

司会:大内 尉義(東京大学加齢医学)

長嶋 紀一(日本大学心理学)

基調講演。(会長講演)人間の学としての老年学:老年学の過去、現在そして未来

小澤 利男(高知大学名誉教授・東京都老人医療センター名誉院長)

  1. 霊長類学からみた老化
    松沢 哲郎(京都大学霊長類研究所)
  2. 老化学説と老化制御
    白澤 卓二(順天堂大学加齢制御医学)
  3. 認知の生涯発達
    鈴木  忠(白百合女子大学児童文化学科発達心理学)
  4. 人生の「第4期」を生きる
    秋山 弘子(東京大学高齢社会総合研究機構)
  5. 老化と病と終末期医療
    大井  玄(東京大学名誉教授)

合同ポスターセッション(6月18日午前)

認知症

記念式典

第51回日本老年医学会学術集会

会         長:
土居 義典(高知大学老年病・循環器・神経内科学)
学会テーマ:
社会が求める老年医療への展開
プログラム
 

会長講演特別企画(6月19日午後)

社会が求める老年医療への展開―高知大学老年病科の軌跡―

司会:小澤 利男(高知大学名誉教授・東京都健康長寿医療センター名誉院長)

土居 義典(高知大学老年病・循環器・神経内科学)

  1. “フィールド医学”の創出―香北町からアジアへの展開―
    松林 公蔵(京都大学東南アジア研究所)
  2. 岡豊町からの高血圧研究
    島田 和幸(自治医科大学循環器内科)
  3. 時間循環器学:土佐から世界へ
    大塚 邦明(東京女子医科大学東医療センター内科)
  4. 急性心筋梗塞治療の地域ネットワークの構築
    土居 義典(高知大学老年病・循環器・神経内科学)

招請講演(6月20日午前)

司会:土居 義典(高知大学老年病・循環器・神経内科学)

The Risk Factors for Geriatric Disease and Recommendation for Healthy Longevity Viewed from an American of Japanese Origin Tracking Study (Honolulu Heart Study)

David Curb(Pacific Health Research Institute & John A. Burns School of Medicine, Department of Geriatric Medicine, University of Hawaii)

特別講演 I(6月19日午前)

神経情報伝達の制御機構

司会:松林 公蔵(京都大学東南アジア研究所)

中西 重忠(財団法人大阪バイオサイエンス研究所)

特別講演 II(6月19日午後)

高齢者医療の課題と展望(予定)

司会:折茂  肇(健康科学大学)

柳田 邦男(ノンフィクション作家)

シンポジウム I(6月19日午前)

80歳以上の消化管悪性腫瘍:早期発見と低侵襲治療

司会:佐野  武(癌研究所有明病院外科)

木村  理(山形大学消化器一般外科)

  1. 食道癌を早期に診断するための対象絞り込み
    武藤  学(京都大学消化器内科)
  2. 高齢者の早期胃癌を効果的に内視鏡治療するための適応
    後藤田卓志(国立がんセンター中央病院消化器内視鏡部)
  3. 高齢者に対する腹腔鏡補助下胃切除術の妥当性
    比企 直樹(癌研究所有明病院消化器外科)
  4. 高齢者の大腸癌早期発見のための考え方
    大西 洋英(秋田大学消化器内科学)

シンポジウム II(6月19日午後)

地域医療は高齢者医療:問題点と対策

司会:倉本  秋(高知大学医学部附属病院)

島本 和明(札幌医科大学)

  1. 離島・へき地医療からみえる地域医療再生のヒント
    八坂 貴宏(長崎県上五島病院)
  2. 医療崩壊から再生への処方箋
    本田  宏(済生会栗橋病院)
  3. 医師不足・医療危機・医療崩壊からの地域医療の再生
    伊藤 恒敏(東北大学発生生物学)
  4. 地域に立つ大学医学部の試み
    倉本  秋(高知大学医学部附属病院)

シンポジウム III(6月20日午前)

超高齢者の心血管病リスク管理:脳・心・腎・血管事故予防に向けて

司会:大内 尉義(東京大学加齢医学)

横出 正之(京都大学探索医療臨床部)

  1. 基調講演 老年医学からみた高齢者高血圧ガイドライン2009
    楽木 宏美(大阪大学老年・腎臓内科学)
  2. 心血管病と慢性腎臓病(CKD)の連関機序
    柏原 直樹(川崎医科大学腎臓内科)
  3. 脳卒中の病態と予防
    井林 雪郎(誠愛リハビリテーション病院)
  4. 高齢者に対する冠動脈インターベンション適応の是非
    宮崎 俊一(近畿大学循環器内科)

パネルディスカッション I(6月19日午前)

老年医学教育:わが国における問題点と展望

司会:三木 哲郎(愛媛大学加齢制御内科学)

下門顕太郎(東京医科歯科大学血流制御内科学)

  1. 基調講演 老年医学教育の現在・過去・未来
    大内 尉義(東京大学加齢医学)
  2. 医学教育モデル・コア・カリキュラムと老年医学教育
    荒井 啓行(東北大学加齢医学研究所加齢老年医学)
  3. 卒後教育:国立長寿医療センターの現況
    細井 孝之(国立長寿医療センター先端医療部)
  4. 日本専門医制評価・認定機構からみた老年病専門医
    千田 彰一(香川大学総合診療部)

パネルディスカッション II(6月20日午前)

介護現場が求める認知症診療の実際

司会:池田  学(熊本大学脳機能病態学)

遠藤 英俊(国立長寿医療センター包括診療部)

  1. グループホームの現場から
    武田 純子(北海道認知症高齢者グループホーム協議会)
  2. ケアマネジメントプロセスと医療連携
    鷲見よしみ(日本介護支援専門員協会)
  3. BPSDの治療
    橋本  衛(熊本大学神経精神科)
  4. 地域における認知症医療の現状と求められる役割
    粟田 主一(仙台市民病院神経科精神科・認知症疾患センター)

パネルディスカッション III(6月20日午後)

高齢者終末期における栄養を取り巻く諸問題

司会:植村 和正(名古屋大学医学部附属総合医学教育センター)

大類  孝(東北大学加齢医学研究所加齢老年医学)

  1. 療養型病院における終末期の栄養のあり方
    原  健二(奈良東病院)
  2. 施設療養高齢者の終末期の栄養のあり方
    旭  俊臣(旭神経内科リハビリテーション病院)
  3. 在宅療養高齢者の終末期の栄養のあり方
    神田  茂(かなめ病院内科)
  4. 胃ろう造設と家族への教育
    小坂 陽一(東北大学加齢医学研究所加齢老年医学)
  5. 高齢者終末期の医療連携―特に栄養ケアの連携について
    葛谷 雅文(名古屋大学老年科)

教育講演(1~4:6月19日午前、5~8:6月19日午後)
※教育企画は19日(金曜日)のみです。

  1. 高齢者虚血性心疾患の治療の考え方
    司会:浜重 直久(近森病院内科)
    近森大志郎(東京医科大学第2内科)
  2. 高齢者高血圧管理のコツ
    司会:楽木 宏実(大阪大学老年・腎臓内科学)
    久代登志男(日本大学医学部総合健診センター)
  3. 高齢者の腰痛・脊椎疾患のみかたとプライマリ・ケア
    司会:高柳 涼一(九州大学病態制御内科)
    谷  俊一(高知大学整形外科)
  4. 高齢者の褥瘡対策
    司会:高崎  優(東京医科大学名誉教授)
    倉本  秋(高知大学医学部附属病院)
  5. 高齢者栄養サポートの実践とその効果について
    司会:葛谷 雅文(名古屋大学老年科学)
    近森 正幸(近森病院)
  6. 高齢者の排便障害
    司会:岩本 俊彦(東京医科大学老年病科)
    味村 俊樹(高知大学医学部附属病院骨盤機能センター)
  7. 高齢者の服薬管理
    司会:横手幸太郎(千葉大学細胞治療学)
    秋下 雅弘(東京大学加齢医学)
  8. 高齢者の転倒予防
    司会:三浦 久幸(国立長寿医療センター外来総合診療科)
    神崎 恒一(杏林大学高齢医学)

若手企画シンポジウム I(臨床系)(6月19日午後)

Lifelong diseaseとしての動脈硬化

司会:冨山 博史(東京医科大学循環器内科)

高田  淳(高知大学老年病・循環器・神経内科学)

  1. 小児期からの動脈硬化の評価とその予防
    原  光彦(都立広尾病院小児科)
  2. 前期成人層における血管障害~メタボリックシンドロームとの関連~
    松本 知沙(東京医科大学第二内科)
  3. 80歳以上の高齢者の動脈硬化:非侵襲的評価と危険因子の解析から
    高田  淳(高知大学老年病科・循環器科)
  4. 大動脈中膜変性症の病理
    沢辺 元司(東京都健康長寿医療センター病理診断科)
  5. Overview
    冨山 博史(東京医科大学循環器内科)

若手企画シンポジウム II(基礎系)(6月20日午前)

高齢者疾患における遺伝素因を探る:病態と治療

司会:勝谷 友宏(大阪大学臨床遺伝子治療学)

久保  亨(高知大学老年病・循環器・神経内科学)

  1. 高血圧・脳梗塞における遺伝因子
    勝谷 友宏(大阪大学臨床遺伝子治療学)
  2. ワルファリン応答性に関わる遺伝因子と臨床的影響
    高橋 晴美(明治薬科大学薬物治療学)
  3. 認知症性疾患の遺伝素因
    山縣 英久(愛媛大学医療環境情報解析学講座)
  4. 骨粗鬆症の予防と治療(DNA解析の応用)
    細井 孝之(国立長寿医療センター先端医療部)
  5. 糖尿病に関わる遺伝素因
    綿田 裕孝(順天堂大学内科学・代謝内分泌学)

Aging Science Forum(6月19日午前)

エイジングサイエンスのホットトピックス

司会:荒井 秀典(京都大学人間健康科学)

神崎 恒一(杏林大学高齢医学)

  1. 寿命制御シグナルと幹細胞
    平尾  敦(金沢大学がん研究所遺伝子・染色体構築研究分野)
  2. エイジングにおける解糖系代謝
    近藤 祥司(京都大学老年内科)
  3. 循環器疾患におけるアンチエイジング
    小原 克彦(愛媛大学加齢制御内科)
  4. アルツハイマー病研究の未来―発症機構の解明と早期診断への道―
    鈴木 利治(北海道大学神経科学)
  5. ホルモン補充療法のバイオロジー
    井上  聡(東京大学抗加齢医学)

特別企画(6月19日午後)

高齢者医療・介護制度の今後の展開

司会:鳥羽 研二(杏林大学高齢医学)

  1. 介護保険制度の現状と課題(2009)
    鈴木 康裕(厚生労働省老健局)
  2. 在宅医療から医療介護保険制度を考える
    黒岩 卓夫(萌気園浦佐診療所)
  3. 高齢者医療・介護の将来を考える
    武久 洋三(日本慢性期医療協会)
  4. 社会保障制度の中での高齢者問題~医療と介護~
    川合 秀治(全国老人保健施設協会)

学生・研修医参加シンポジウム(6月20日午後)

在宅医療における老年医学

司会:山中  崇(東京女子医科大学東医療センター在宅医療部)

英  裕雄(新宿ヒロクリニック)

  1. イントロダクション
    山中  崇(東京女子医科大学東医療センター在宅医療部)
  2. 学生からみた在宅医療
    東  文香(高知大学医学部4年生)
  3. 研修医からみた在宅医療
    伊藤 浩敬(東京女子医科大学東医療センター卒後臨床研修センター)
  4. 在宅医療を専門とする医師からみた在宅医療
    小野沢 滋(亀田メディカルセンター在宅医療部)
  5. 在宅医療の地域差
    宮本 由賀(高知大学医学部4年生)

ノバルティス老化および老年医学研究基金2007年度受賞講演(6月20日午後)

司会:菊池健次郎(北海道循環器病院)

吉栖 正生(広島大学心臓血管生理医学)

  1. 血管老化における分子機序の解明―長寿遺伝子Sirt1の役割―
    飯島 勝矢(東京大学加齢医学)
  2. [18F]-Fluorodeoxyglucose-Pesitron Emission Tomography(FDG-PET)CT法を用いた頚動脈硬化病変の活動性評価とリスク層別化
    甲斐 久史(久留米大学心臓・血管内科)
  3. 地域在住高齢心筋症患者の病態に関する検討
    久保  亨(高知大学老年病科・循環器科)
  4. 血管老化を標的とした一酸化窒素、活性酸素制御を介する高齢者進行動脈硬化症退縮療法
    林 登志雄(名古屋大学老年科)
  5. 新規アポトーシス誘導因子Apopによる心血管系の老化制御に関する研究
    安田  修(大阪大学老年・腎臓内科)

EWTOPIA75試験 報告会(6月20日午後)

司会:井藤 英喜(高齢者EBM委員長、東京都健康長寿医療センター)

Opening remarks

大内 尉義(主任研究者、日本老年医学会理事長)

  1. 基調講演 高齢者における脂質異常症治療を考える
    荒井 秀典(京都大学人間健康科学)
  2. EWTOPIA75試験進捗状況報告
    江頭 正人(東京大学老年病科)

Closing remarks

井藤 英喜(東京都健康長寿医療センター)

スポンサー共催企画(6月20日午後)

認知症診療の実践セミナー(事前登録制※)

司会:大内 尉義(東京大学加齢医学)

浦上 克哉(鳥取大学保健学科)

  1. 認知症を理解するために必要な老年医学の知識
    1)高齢者医療における認知症の位置付け
      三木 哲郎(愛媛大学加齢制御学)
    2)高齢者の機能評価の実際
      遠藤 英俊(国立長寿医療センター包括診療部)
  2. 認知症診療の実際
    1)認知症診療に必要な基礎知識
      浦上 克哉(鳥取大学保健学科)
    2)問診と神経学的診察
      北村  伸(日本医科大学第二内科)
    3)画像所見の診かたと他の診断ツール
      羽生 春夫(東京医科大学老年科)
    4)治療と説明、認知症ケアについて
      中村  祐(香川大学精神神経医学)

※登録方法
第51回学術集会ホームページ(http://www2.convention.co.jp/52jgs/)の「認知症診療の実践セミナー登録」のボタンからご登録ください

ランチョンセミナー(1~4:6月18日、5~11:6月19日、12~18:6月20日)

  1. 認知症の症候学
    司会:上田 一雄(村上記念病院)
    池田  学(熊本大学脳機能病態学分野)
  2. 高齢者栄養管理のポイント
    司会:小川 純人(東京大学老年病科)
    宮田  剛(東北大学外科病態学講座先進外科学分野)
  3. 1)脳梗塞再発予防における適切な抗血栓療法Update―心房細動治療(薬物)と脳卒中治療の各ガイドライン改訂を含めて―
      司会:木村 彰男(慶應義塾大学月が瀬リハビリテーションセンター)
      矢坂 正弘(九州医療センター脳血管内科)
    2)高齢者誤嚥性肺炎の予防ならびに治療の新戦略
      司会:木村 彰男(慶應義塾大学月が瀬リハビリテーションセンター)
      大類  孝(東北大学加齢医学研究所加齢老年医学研究分野)
  4. 維持透析患者の終末期ケア~医療人としてどう対処するのか~
    司会:井口 昭久(愛知淑徳大学医療福祉学部)
    大平 整爾(札幌北クリニック)
  5. 脳疾患合併の高齢者高血圧への治療戦略
    司会:松本 正幸(大手町病院内科)
    1)高齢者にみられる脳MRI所見と血圧管理
      平野 照之(熊本大学神経内科学分野)
    2)脳疾患合併の高齢者における降圧療法の留意点
      北川 一夫(大阪大学神経内科学)
  6. 不眠症と生活習慣病
    司会:橋爪 潔志(信州大学加齢病態制御学)
    内山  真(日本大学精神医学系)
  7. 血管性認知障害の概念の変遷と治療戦略
    司会:松林 公蔵(京都大学東南アジア研究所フィールド医学)
    長田  乾(秋田県立脳血管研究センター神経内科学)
  8. 加齢・動脈硬化・糖尿病に併発する骨脆弱化のメカニズム―ホモシステイン、MTHFR多型、AGEsは骨質を低下させる―
    司会:細井 孝之(国立長寿医療センター先端医療部)
    斎藤  充(東京慈恵会医科大学整形外科)
  9. 循環器領域におけるCOPD診療
    司会:福地義之助(順天堂大学呼吸器内科客員教授)
    佐田  誠(国立循環器病センター心臓血管内科・呼吸器内科)
  10. 高齢者排泄管理学の要点―排泄介護で燃え尽きないために―
    司会:大島 伸一(国立長寿医療センター)
    岩坪 暎二(北九州古賀病院排泄管理指導室/内科)
  11. ガイドラインを用いた肺炎の治療戦略~ますます拡がるペニシリン系抗菌薬の可能性~
    司会:山谷 睦雄(東北大学先進感染症予防学)
    柳原 克紀(長崎大学病院検査部)
  12. 高齢者のうつを見逃さない 初期症状~治療のタイミング
    司会:三木 哲郎(愛媛大学加齢制御内科学)
    中村  祐(香川大学精神神経医学)
  13. 高齢者2型糖尿病の血糖管理―我々は今、何をすべきか?―
    司会:横野 浩一(神戸大学大老年内科学)
    大庭 建三(日本医科大学人科)
  14. 骨粗鬆症の早期治療に向けて~What to do now?~
    司会:西沢 良記(大阪市立大学代謝内分泌病態内科学)
    井上 大輔(帝京大学ちば総合医療センター第3内科)
  15. 高齢者における呼吸器感染症の診断と治療
    司会:稲松 孝思(東京都健康長寿医療センター臨床検査科)
    藤田 次郎(琉球大学感染病態制御学講座
  16. 高齢者施設における肺炎球菌ワクチン有効性の検討―二重盲検無作為化比較試験―
    司会:渡辺  彰(東北大学加齢医学研究所抗感染症薬開発研究部門)
    丸山 貴也(三重県立総合医療センター呼吸器科)
  17. 新しい高血圧ガイドランJSH2009時代の降圧療法―ARB合剤の位置付け―
    司会:荻原 俊男(大阪府立急性期・総合医療センター)
    檜垣 實男(愛媛大学病態情報内科学)
  18. 高齢者における不安・うつの治療―特に、薬物療法の留意点―
    司会:荒井 啓行(東北大学加齢医学研究所加齢老年医学研究分野)
    張  賢徳(帝京大学附属溝口病院精神神経科)

イブニングセミナー(6月19日)

  1. 進化する高血圧治療―実地医家からのメッセージ―
    司会:森本 茂人(金沢医科大学高齢医学)
    宮川 政昭(宮川内科小児科医院)
  2. 大動脈の老化と硬化~基礎から臨床
    1)大動脈硬化をどのように評価するか
      司会:沢辺 元司(東京都健康長寿医療センター病理診断科)
      橋本潤一郎(東北大学中心血圧研究講座)
    2)大動脈硬化にどのように対応するか
      司会:島田 和幸(自治医科大学循環器内科学)
      市原 淳弘(慶應義塾大学抗加齢内分泌学講座)
  3. 高齢者脂質異常症の薬物療法―動脈硬化性疾患予防のために―
    司会:井藤 英喜(東京都健康長寿医療センター)
    江頭 正人(東京大学加齢医学)
参加費:12,000円

学部学生・初期研修医:5,000円

日本老年学会・日本老年医学会合同市民公開講座(6月20日午後)

Ⅰ部 講演「老いに成熟する」

司会:土居 義典(高知大学老年病・循環器・神経内科学)

日野原重明(聖路加国際病院)

Ⅱ部 映画上映「終わりよければすべてよし」

司会:小澤 利男(高知大学名誉教授・東京都健康長寿医療センター名誉院長)

市民公開講座:無料