症例3 転倒により腰椎圧迫骨折をした女性

TOPページ

本症例の主な来院時の現症は

体温 36.8℃
血圧 138/76mmHg
脈拍 86/分・整
車イスにて来院。意識清明で明らかな認知障害は認めない。
腰部正中に強い痛みを認め、体動にて増悪する。
特に腰の前屈・後屈や、腰をねじる動きで痛みが非常に強い。
一度座れば短時間は姿勢を保持できるが、自分で車イスから動くことはできない。
明らかな痺れや運動障害、膀胱直腸障害は認めない。

主な検査所見は

腰椎圧迫骨折のレントゲン 画像を見る
Question 1

この患者の転倒の原因として、考えられるものを選んでください。





戻る