症例7 認知症を合併した高齢者大腸癌の外科手術

TOPページ

来院時の現症

84歳女性
主訴:
記憶障害
現病歴:約1年前からゆっくりと記憶障害が進行しており、数ヵ月前より幻覚、幻聴がみられた。認知症の精査を希望して当院を受診。血液検査にてCEAの上昇が発見され、悪性腫瘍の精査目的にて入院した。以前より便秘を訴えるが、特に腹痛、腹部膨満感などの腹部症状は訴えない。体重は一年で2 kg減少している。長谷川式簡易知能スケール 17/30点。
既往歴:55歳ごろ〜高血圧、糖尿病。83歳で白内障手術、鎖骨骨折。

主な検査所見

血液・生化学 AST(GOT)
ALT(GPT)
LDH(LD)
γGTP(γGT)
AMY
Na
Cl
K
Ca
BUN
CRE(Cr)
TP
Alb
CRP
28 IU/L
13 IU/L
364 IU/L
17 IU/L
77 IU/L
134 mEq/L
95 mEq/L
5 mEq/L
4.2 mEq/L
66 mg/dL
1.47 mg/dL
5.8 g/dL
2.9 g/dL
19.3 mg/dL
血算 WBC
RBC
Hb(HGB)
PLT
  血液像
  Neu
  Lym
12,500 /μL
430 ×104/μL
11.6 g/dL
16.8 ×104/μL
 
89.2 %
6.7 %
血液ガス pH
pCO2
pO2
HCO3
AG
7.358
25.6 mmHg
96 mmHg
14 mmol/L
44 mmol/L
Question 1

次に最も優先順位が高い検査は以下のどれですか?





戻る