症例8 認知症状のため手術適応を再検討された男性

TOPページ

来院時の現症

車イス使用。会話には応じるが返答までに時間を要し、視線はよく外れ注意を維持できない。仮面様表情、四肢パーキンソニズムあり。栄養は左頸静脈からの中心静脈栄養(約1500kcal)、排泄はバルーン挿入され排便はおむつ内。カーテンを閉め切った個室のベッドに寝たきりで傾眠傾向。夜間は不眠傾向あるとのこと。午前中は機嫌が悪いことが多い。精神状態には日内変動あり。血圧140/68 mmHg、心拍数62/分、体温36.4 ℃。体内金属のためMRIは施行不可能。
MMSE 9/30(時の見当識0/5、場所見当識0/5、直後再生3/3、計算0/5、遅延再生0/3、物品呼称2/2、復唱0/1、三段階命令3/3、視覚指示従命0/1、作文0/1、図形模写1/1)
認知機能評価には一生懸命取り組み、取り繕い行動は認められない。場所が答えられないことに関し「ここへは車で来た。誰も説明してくれないまま連れて来られたから、どこの病院かはわからない。」と答えた。
GDS15 2/15、幻視幻聴なし、上肢下肢パーキンソニズムあり

頭部CT
  • 頭部CT(A)頭部CT(A)

    拡大する

  • 頭部CT(B)頭部CT(B)

    拡大する

血液検査
血液・生化学 AST(GOT)
ALT(GPT)
ALP
γGTP(γGT)
AMY
T-BIL
TC(T-Cho)
HdL-Cho
TG
Na
Cl
K
Ca
UA
BUN
CRE(Cr)
TP
Alb
eGFR
CRP
Glu
HbA1c(NGSP)
28 IU/L
23 IU/L
714 IU/L
132 IU/L
88 IU/L
0.4 mg/dL
117 mg/dL
15 mg/dL
67 mg/dL
138 mEq/L
103 mEq/L
3.4 mEq/L
4 mEq/L
2.5 mg/dL
21 mg/dL
0.96 mg/dL
6.4 g/dL
2.7 g/dL
57.7 mL/分
3.89 mg/dL
142 mg/dL
6.5 %
血算 WBC
RBC
Hb(HGB)
Ht(HCT)
MCV
MCH
MCHC
PLT
12000 /μL
360 ×104 /μL
11.1 g/dL
33.6 %
93.3 fL
30.8 pg
33 %
33.9 ×104 /μL
戻る 次へ