症例9 発熱と意識障害のため施設から搬送された男性

TOPページ

90歳男性。有料老人ホームに入居している。昨日の昼頃から急にシバリング(戦慄)を伴う40℃の発熱を認めた。アンピシリン・スルバクタムとクリンダマイシン(投与量不明)の投与を開始したが、本日朝になり意識状態も悪化してきたため救急搬送された。痰が多い。施設内での感染症の流行はない。

  • 問診2
  • Dr:普段お食事はどうしていますか?明らかな誤嚥のエピソードはありますか?
  • 施設看護師:嚥下機能障害のためCVポートが留置されていて中心静脈栄養です。食事は摂っていません。内服薬もありません。
戻る 次へ