症例9 発熱と意識障害のため施設から搬送された男性

TOPページ

来院時の現症

GCS E3V1M4(呼びかけにより開眼、発語なし、痛み刺激に対し逃避行動をとる)。血圧118/52mmHg、心拍数96/分・整、呼吸数22/分、SpO2 98%(酸素マスク5L/分)、体温38.8℃。頸部ゴロゴロ音を聴取する。心音・呼吸音に異常は認めない。腹部平坦軟、触診を嫌がる様子はない、筋性防御なし。四肢末梢は温かく、浮腫はない。右大腿にCVポートが留置されており、同部に視触診上の異常は認めない。褥瘡はない。項部硬直があるように思われたが、施設看護師によると元々拘縮してしまっているとのこと。

頭部CT
  • 頭部CT(A)頭部CT(A)

    拡大する

  • 頭部CT(B)頭部CT(B)

    拡大する

  • 胸部CT(C)胸部CT(C)

    拡大する

  • 胸部CT(D)胸部CT(D)

    拡大する

血液検査
血液・生化学 AST(GOT)
ALT(GPT)
LDH(LD)
ALP
γGTP(γGT)
CK(CPK)
AMY
T-BIL
Na
Cl
K
Ca
UA
BUN
CRE(Cr)
TP
Alb
eGFR
CRP
Glu
HbA1c
HbA1c(NGSP)
PT-INR
血漿FDP
32 IU/L
38 IU/L
215 IU/L
243 IU/L
34 IU/L
87 IU/L
80 IU/L
0.4 mg/dL
143 mEq/L
112 mEq/L
4.2 mEq/L
4.6 mEq/L
5.5 mg/dL
50 mg/dL
0.8 mg/dL
6.3 g/dL
2.4 g/dL
68 mL/分
10.35 mg/dL
232 mg/dL
6.2 %
6.6 %
1.14
15.9 μg/mL
血算 WBC
RBC
Hb(HGB)
Ht(HCT)
MCV
MCH
MCHC
PLT
 血液像
 Neu
 Lym
10300 /μL
277 ×104/μL
8.3 g/dL
26.4 %
95.3 fL
30 pg
31.4 %
17.4 ×104 /μL

92 %
4.6 %
血液ガス
(動脈血、
酸素マスク
5L)
pH
pO2
pCO2
HCO3-
BE
AnionGap
Lac
7.459
142 mmHg
36 mmHg
26 mmol/L
1.7 mmol/L
12.6 mmol/L
1.3 mmol/L
尿定性
白血球(-)、亜硝酸塩(-) 、潜血(-) 、蛋白(-)
喀痰塗抹
肉眼的性状:P3(膿性部分が2/3以上)、Geckler group 3、グラム陽性ブドウ状球菌4+(白血球貪食像あり)、グラム陰性桿菌4+、白血球4+、扁平上皮4+
インフルエンザ迅速
A-、B-
戻る 次へ