専門医(更新)・指導医(新規・更新)申請のお知らせ

 専門医の任期が2020年3月31日までの方で、更新のための単位が必要数に達した方には、事務局から更新手続きに関するご連絡を順次差し上げています。更新書類の締切日は設定しておりますが、ご用意出来次第お送りください。また、単位の自己申告が必要な方も、お早めに事務局までお送りください。
 指導医の任期が2020年3月31日までの方にも順次ご連絡を差し上げています。専門医同様更新書類の締切日は設定しておりますが、こちらもご用意出来次第お送りください。
 老年病専門研修プログラムの専攻医の受入人数は指導医の数によります。特に、まだ指導医ではない専門医で、専門研修プログラムに指導医として加わることを希望される場合は、ご用意出来次第、指導医新規申請書をお送りください。

申請締切:
2019年11月30日(土)
申請書類:
専門医更新 書式5-1、5-2
      認定更新料2万円(振込の確認できる書類を書式5-1に貼って下さい)
      認定期間中の「認定内科医証」または「総合内科専門医証」の写し(A4サイズに縮小してください)
指導医更新 書式7
指導医新規 書式4
申請方法:
郵送
申請書送付先:
一般社団法人日本老年医学会 専門医制度委員会
〒113-0034 東京都文京区湯島4-2-1 杏林ビル702
注)封筒に「更新 専門医」、「更新 専門医・指導医」等、朱書きしてください。
振込用紙を失くされた場合

専門医制度専用の銀行口座を会員専用ページに掲載しています。

指導医の要件

新・専門医制度への移行を踏まえ、2017年より下記の要件を満たしていることが必要となりました。

  • 高齢者医療に関する豊富な学識と経験
  • 老年病専門医を1回以上更新
  • 1編以上の老年病学に関する論文
    (共著者可、日本語可、症例報告可、学会抄録不可、発表は専門医取得後)
専門医更新のための取得単位数の確認方法

メールで下記までお問い合わせください。
単位取得状況表(pdf)をメールに添付でお送りします。

専門医制度委員会
senmoni@jpn-geriat-soc.or.jp

Facebook