日本老年医学会 老人保健施設管理認定医

目的

日本老年医学会老人保健施設管理認定医制度は、老人保健施設の管理医師として一定水準以上の実力を有し、老人保健施設の現場において活躍しうる管理医師の養成を目的とする。

申請要件

老人保健施設管理認定医の申請は以下の各項を満たすものとする。

  1. (1) 日本国の医師免許又は歯科医師免許を有すること
  2. (2) 老人保健施設に従事又は従事した経験があること
  3. (3) 本学会の会員であること(現在入会手続き中の方を含む)
  4. (4) 本学会が実施する老人保健施設管理医師総合診療研修会を受講修了していること
  5. (5) 老健施設での業務を通じて高齢者医療ならではの基礎知識を習熟した上で、病態の改善などに資する結果につながった症例を5症例報告できること
新規申請方法

  1. 認定医取得の流れ(2021年度の例)
    (クリックすると拡大します)
    申請書類一式を事務局に郵送してください。申請受付期間内の消印を有効とします。
    1. (1) 認定申請書及び審査料の振り込みを証明するものの写し(書式3-1
    2. (2) 様式に基づき作成された症例報告書(5症例)(書式3-2
    3. (3) 日本国の医師免許又は歯科医師免許の写し
    4. (4) 老人保健施設管理医師総合診療研修会の修了証書の写し

    ※ 審査料(10,000円)を下記までお振込みください。
    銀行名 :みずほ銀行 支店名:本郷支店 (075) 預金種目:普通
    口座番号:1905688 口座名:シャ)ニホンロウネンイガクカイ

  2. 申請書類一式を受領後、事務局より認定試験問題をお送りしますので、指定された期日までに回答用紙をご返送ください。
  3. 認定試験、書類審査の結果は、高齢者医療研修委員会の議を経て、理事会の承認を得たのち、お知らせします。
新規申請書類
認定申請書(書式3-1) (104KB) (54.5KB)
症例報告書(書式3-2) (112KB) (45KB)
 症例報告作成の手引き (112KB)
 症例報告書(記入例) (133KB)
合格後に提出する書類
交付申請書(書式3-3) (85.9KB) (50KB)
2021年度申請書類受付につきまして
受付期間:
2021年9月1日~2021年11月1日(消印有効)
送付先:
一般社団法人日本老年医学会 高齢者医療研修委員会
〒113-0034 東京都文京区湯島4-2-1 杏林ビル702
※封筒に「認定医(老健)申請書 在中」と朱書きしてください。
更新について

老人保健施設管理認定医の有効期限は5年です。認定医を維持するには5年ごとに認定の更新を申請する必要があります。また更新するには5年間で30単位の研修を受けなければならず、さまざまな研修で得られる単位が決められています(→表1)。また、病態の改善などに資する結果につながった症例を5症例提出していただきます。

更新要件
  1. (1) 日本国の医師免許又は歯科医師免許を有すること
  2. (2) 老人保健施設に従事又は従事した経験があること
  3. (3) 本学会の会員であること
  4. (4) 業務を通じて高齢者医療ならではの基礎知識を習熟した上で、病態の改善などに資する結果につながった症例を5症例報告できること
  5. (5) 本学会の指定する研修などにおいて、30単位以上取得していること
更新申請方法

申請書類一式を事務局に郵送してください。申請受付期間内の消印を有効とします。

  1. (1) 認定更新申請書及び更新料の振り込みを証明するものの写し(書式4-1
  2. (2) 様式に基づき作成された症例報告書(5症例)(書式4-2
  3. (3) 日本国の医師免許又は歯科医師免許の写し

※更新料(20,000円)を下記までお振込みください。
Rから始まる7桁の認定番号を最初に付けてください。
銀行名:みずほ銀行 支店名:本郷支店 (075) 預金種目:普通
口座番号:1905688 口座名:シャ)ニホンロウネンイガクカイ